fbpx

ひとことコラム 〜お酒が増える年末年始には、ごま!〜

年末年始は、お酒を飲む機会が増えますね。

となると気になるのは、やはり肝臓。大量にアルコールを摂取すると、肝臓から大量に活性酸素が発生し、自身の活性酸素分解酵素では追いつかなくなってしまいます。

 

このままでは活性酸素で肝臓がダメージを受けてしまう!
なんとかしなきゃ!

 

ということで、活性酸素を除去してくれる抗酸化物質を食べ物から摂りたいところですが、肝臓は脂肪分が多いため、ビタミンCのような水溶性のものでは効率よく吸収されません。

脂肪分が多い肝臓は、脂溶性の抗酸化物質がベスト。
そこで、ごまです。

ごまに含まれているゴマリグナンには強い抗酸化作用があり、肝臓を効果的に保護。ごまやごま油を日常的に摂ることで、肝臓のケアになります。

 

年末年始は、胡麻和えやごま油を使ったお料理を、いつもより少し意識してみてくださいね。

 

 

【参考文献】
井上浩義(2016)「からだによいオイル」慶應義塾大学出版会
厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2020年版)算定検討会報告書」
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586553.pdf  2021年12月18日アクセス
寺田新「脂肪酸の種類や油脂の構造による消化・吸収および代謝の違い」
DOI  https://doi.org/10.20665/kakyoshi.61.6_282  2021年12月18日アクセス

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial