fbpx

タイ土産No.1と名高い『黄金まゆ玉』を使ってみたら、肌が●●になるだけではなく、煮汁から出がらしまで使える優れものだった!

「これ、タイ土産No.1らしい。」

現地の店員さんの受け売りであろう感を含む「らしい」という表現にいささか不安を抱きつつ、出張土産として友人から渡された謎の物体。

「何これ?美味しそう!コーン系のスナック的な?」

瞳をキラキラさせたのも束の間、パッケージのイラストに気付く。

ナニナニ? 湯に、5分ひたす?
指先にはめて、クルクル2~3分ね・・・。

おお!お肌ツルツル系ではあーりませんか!
ナイスイラスト!国境無き画力!

 

日頃から〝説明書を読む〟という概念を持ち合わせていないが、
たまにはちゃんと調べましょうかと検索すると・・・(タイ語読めないし)
日本語では『黄金まゆ玉』と呼ばれるモノらしい。

あ、コーン(とうもろこし)じゃなくてコクーン!(繭)←英語も読めてない。

コヤツの正体は…

 

『タイ産・天然絹100%使用の洗顔用シルク』

 

であった。

 

絹(シルク)とは・・・セリシンフィブロインという2つのタンパク質で構成

 

☆セリシン・・・保湿・抗酸化作用・紫外線吸収作用あり

☆フィブロイン・・・極細繊維。毛穴奥の汚れも落とせる

 

しかも、白玉より黄金玉の方が、セリシン10倍らしい。ナイス!!

 

 

まずは、触ってみる。

カッチカチやん。
柑橘系くり抜いた時みたいな内部。
繊維だからか、表面モケモケしてる。

くんくん嗅いでみる。←犬並の嗅覚ゆえ、超心配。
香ばしい・・・。
なんか懐かしい・・・。

あ、おばぁちゃん家のタンス!!!
明治生まれの婆ちゃん・・・等と、ノスタルジックに浸りながら使ってみる。

 

使用方法

 

・使用数のみ、ぬるま湯で洗う

・40度ぐらいのお湯に5分程浸し、柔らかくしてから使用

・洗顔後や入浴時、指にはめて、気になるところを優しくマッサージ

・顔だけでなく、首・肘・かかとにも(肘って、歳出るのよね)

・充分乾燥させれば、何度か使用可能(財布に優しい!! (注:もらい物)

 

 

いざ!!!!

湯に浸し5分後。

ふやふや。
ふにゃふにゃとまではいかない。

これでいいのか?と思いつつ、
メイク落として、気になるイチゴ鼻を重点的に顔全体をくるくる。

ふやかしたとはいえ、使用感は気持ちいいものではないなぁ。
でもこの程よい硬さが、ゴシゴシしちゃ傷つくよ!ってわかりやすい。

で、コチラ。

光の加減か?
己の撮影技術の低さのせいか?

何度か角度を変えて、そんな訳ないよと撮影しなおすが、この色味の違い。

おお・・・これがセリシンパワーなの?
さすがお蚕様。虫なのに様って敬称ついてるだけあるわー!!!

肌触りも、ツルスベ。
テンション上がるやつ!!

しかし、毎日やらない方がいいんだろうな。ピーリング系って。
それぞれの肌質によって、ケアの仕方が変わるしねー。

 

注意点

・強くこすらない(→やりがち)
・肌を清潔にしてから使用(→メイク落としてからね・・・)
・異常を感じたらすぐやめる(→そりゃそうだ)

 

もう少し情報を調べてみる。
知らなかったけど『まゆ玉』って、国産高級品から100均まで沢山種類あるのね。

 

で、びっくり。

鍋で煮る人続出!!!!!!

 

マジっすか?
ふやふやふにゃふにゃにする為???
と思ったら、それも勿論だが・・・ああ、なるほど。煮汁も使うのね。

湯船に入れれば入浴剤に・・・干し椎茸と同じ感覚ね。
出がらしフィブロインは、コットンがわりに使用するのね・・・

 

しかも・・・

 

化粧水作れちゃうの???

 

君、なんて優れものなんだい?
やってみましょうか。

 

まゆ玉化粧水(500ml)を作ってみよう!

 

準備するもの

 

・まゆ玉10個~20個程 (お好みの濃度による)

・精製水800ml (水道水・ミネラルウォーターもOK)

・グリセリン 小さじ1杯程 (とろみ不要なら無くてもOK)

 

とりあえず、水道水オンリーで作ってみることに。

 

【作り方】

1.半分だけハサミで切る。鍋に水とまゆ玉を入れ蓋をし、沸騰するまで強火で煮る。
2.沸騰したら蓋をとり30分~1時間ほど弱火で煮込む。(白いアクっぽいものが…これがセリシン?)
3.時々かき混ぜる。20分過ぎたあたりから、繊維(フィブロイン)がゆらゆら。
4.40分頃、『あれ、アナタ誰?』な形状になればOK

 

冷めてから、茶こしでこしたら完成!!!

黄色!!!

お好みで、グリセリンを。
冷蔵庫で1週間程もつそう。

※お肌の弱い方は、パッチテストを忘れずに!

 

出がらしは、湿っているうちに割いて、乾燥させると

こんな感じ。不器用の精一杯。
丁寧に割けば、おそらくもっとフワフワに仕上がるであろう・・・。

これで、肌の柔らかい部分もケアできちゃう!

 

貰った時は、

「なんだ君は?なんで食べモノじゃないんだ?」

って思ってたけど、こんなに何役もこなすなんて!!!
家に来てくれてありがとー!!!

故郷の仲間が増えて象さん(20年前のタイ土産)も喜んでるよー。(大袈裟)

 

ちなみにこちら、使用4回目。

毛玉!!!
さすが繊維!!!

そろそろ限界かな。
よく頑張りました。

 

最後に一点。
イラストに騙された。

 

極太指=乗ってるだけ=マッサージどころではない=小指ソロ活動。
今後はハサミで切ってから使うことにしよう。

 

とんがりコーンの方がフィット感あったよ。

 

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial