fbpx

エッセイ『六車奈々 会心の一撃!』 ~オッパイ美味しい大作戦~

乳がん検診へ行ってきた。なぜなら、オッパイが痛かったからだ。
ここ3週間ほど、オッパイの外側の痛みが続いている。
初期の乳がんは痛みが無いというし、実際に触っても「しこり」は感じない。とはいえ気になるので、検査に行くことにした。

診察室に入ると、男の先生だった。婦人科検診の担当が男性医師だと気にする人もいるが、私は全く気にしない。だって、先生からすれば毎日死ぬほど『オッパイ』を見ているわけで、オッパイに『How old are you?』なんて落書きしない限り、まあ『Do you like curry?』でも良いのだが、とにかく数ある中の一人でしかないのだ。
私は何の躊躇もなくゴロンと横になった。

まずは、触診。
触ってすぐに、「痛いのは、ここですね?」と、先生。

おぉ~!もしかしてエスパーか?
まさに、その場所である。

『先生、そうです!まさにそこがイタイです。』
「これはねぇ、ストレスだよ。」

そっか、ストレスか。なるほど。

・・・・・・・。

えぇ~!?!
ストレス!?!

ストレスで、オッパイって痛くなるの?

「ストレスでホルモンバランスが崩れるとね、ここの乳腺が炎症を起こすんですよ。軽い乳腺症です。まぁ、あまりストレスを溜めなさんな。」

およよよよ。
結婚してからの苦労は、涙無くして語れませぬ。ちょいとそこのお方、ハンカチを貸しておくんなせぇ。。。

いやぁ。貯金より溜まったストレスが、ついにオッパイにまで来てしまったとは。

とはいえ、もう一つ考えられることはある。
我が家の娘も、漏れなく待機児童。
仕事ができるのは、専ら娘が寝てから。毎日のように明け方まで仕事をしていると、そりゃ寝不足でホルモンバランスも崩れるだろう。

いかんいかん。
これから仕事は深夜2時まで。それ以上は、早起きしてやることにしよう!
って、これでは睡眠時間が変わっとらんじゃないか。

ああ。ドラえもんがいれば、しっかり眠ったことにしてくれるのに。いや、ドラえもんがいれば乳腺症を治してくれるか。いやいや、ドラえもんがいれば、そもそも娘は保育園に入れているハズだ。
ああ、なぜ我が家にはドラえもんがいないのか。

というわけで、まさかのストレス由来の乳腺症ではあったが、おかげさまでマンモグラフィーもエコーも異状なしだった。
良かった。これで一安心。

淑女の皆さま、年に一度の乳がん検診は、必ず受けるようにしてくださいね。

え?検診がイヤですと?
安心してください。検診は、私だって大キライ。

だから私は、『検診に行った後は、ご褒美で美味しいランチを食べてよい!』と決めている。
食い意地の張っている私には、効果絶大!ご褒美が楽しみで、つい検診に行ってしまうのだ。

名付けて、『オッパイ美味しい』作戦。
しまった。これだとオッパイが美味しいみたいだ。
『オッパイ→美味しい』作戦。
ぜひ、おためしあれ〜!

参考 オッパイ美味しい作戦六車奈々 会心の一撃!
Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial